イクイクチャットでテレフォンセックス出来る相手を探した

私は都内在住の27歳会社員です。

普段は営業車に乗り、都内近郊で営業廻りをしています。

営業の暇な時間に・・・

営業をしていると割と時間のやり繰りは融通が利くので、午後の空いた時間なんかは、営業車で昼寝をしたり、本を読んだりして時間を潰していました。

ある時、スマホで色々検索しているとイクイクチャットというものを発見しました。

イクイクチャット

彼女もずっといないし、営業の隙間時間で暇を持て余していたので、やってみるかっていう軽いノリでやってみる事にしました。

遊べそうな女の子を物色していると一回り年上のカヨという女性が目に留まりました。

実は昔、同じように一回り年上の女性とお付き合いしており、彼女とのセックスは良かったな、ということを思い出したんです。

それで、そのカヨに興味を持ちました。

早速連絡を取ってみると、すぐに返信がありました。

どうやら専業主婦で、毎日お昼のこの時間帯は暇を持て余しているとのこと。

サイト経由だと色々コストが掛かるので、LINEを教えて貰いそちらで連絡を取るようにしました。

彼女は旦那さんとの性生活に最近マンネリを感じており、刺激が欲しいとのこと。

そこで、テレフォンセックスをやってみないかと提案されました。

テレフォンセックス

テレフォンセックスという言葉は聞いたことありましたが、私も実際やった事がなく、興味を持ちました。

「いいよ、やってみようか」とLINEで連絡すると、すぐに電話が掛かって来ました。

電話を取ると、色っぽい女性の声がそこにはありました。

少し雑談をして本題のテレフォンセックスをすることになりました。

私は営業車で、彼女は自宅で、自らオナニーに酔いしれるという形です。

電話越しの彼女の色っぽい声に想像以上に興奮してしまい、これから始まるテレフォンセックスに期待が高まりました。

彼女に言われるがまま、服を脱ぎ自分の股間を彼女に触って貰っていると想像してし、自宅からも彼女マンコを責めることを想像し、声をかけ掛けて行きました。

「クリちゃん舐めるよ」、「指を入れるよ」などと言いながら次第に激しくなる彼女の喘ぎ声に私の想像はマックスとなり、そのままイッテしまいました。

どうやら彼女もイッテしまったようで、お互い満足して終わりました。

それからというもの、私は時間が空くたびに彼女へ連絡を取り、テレフォンセックスを楽しみました。

今日は、彼女は先生役、自分は生徒役、ある時は女王さまと奴隷など、役割を毎回決めて、想像をフルに発揮し、楽しみました。

先生 オナニー

こんなにもテレフォンセックスが楽しいものだと知らなかったので、今ではすっかり虜です。

ツーショットダイヤルするならイクイクチャットが良いですよ。